便臭と病気の関連性

便臭のきつさはそれ自体が憂鬱な物ではありますが、におうことだけが問題とは限りません。便臭と病気には関連性があるからです。

 

便臭がきつい時は健康とは言えない

 

便は、摂取した物の栄養を吸収した残りカスです。残りカスが良いにおいを持っているわけがなく、決して良いにおいはしません。ありていに言うとくさいです。

 

ですが、善玉菌が優勢で健康な腸であればそこまできつい便臭にはなりません。逆に言うと、きつい便臭は不健康な状態を指し示しているバロメーターのひとつです。

 

もっとも、便臭がきついから病気に違いない!と決めつけるのは待ってください。病気とまではいかないとしても健康ではないという状態が考えられます。

 

慢性的な便臭には病気の可能性がある

 

一時的な悪玉菌の優勢は、一時的な体調不良だと言えます。この場合、便臭も一時的だと言っていいでしょう。では、きつい便臭が慢性的になったら……?その時こそ、病気を疑ってください。

 

慢性的に便臭がするということは、慢性的に腸内環境が悪いということです。便秘や下痢や肌荒れが起こりやすくなり、これらの症状も慢性的になります。

 

悪玉菌が優勢でい続けると、大腸がんになる可能性が出てきます。事実、大腸がんになった人の便臭は普通の人よりもきついと言われています。

 

慢性的な便臭も気に掛かりますが、今まで大丈夫だったのに急に便臭がするようになったというような急激な変化も要注意です。

 

過敏性腸症候群

 

過敏性腸症候群という病気をご存じでしょうか?

 

腸が正常に機能しなくなる病気で、下痢、便秘、腸内の異常な発酵、ガスが溜まりやすい、ガスが溜まって下腹部が張る、おならが出やすいといった症状が出ます。

 

原因は、腸そのものではなくストレスや自律神経の異常だと考えられています。暴飲暴食といった生活の乱れで引き起こされることも。

 

過敏性腸症候群ゆえに便臭がきつい。それもひとつの可能性です。何にせよ、便臭を、ひいては、自分の体調・健康状態を少しでいいので気に掛けてくださいね。

おなら、トイレ後の臭いが気になる方必見!

便臭サプリランキング!第1位は?